後戻り矯正

咬み合う歯並びへの誘導で、後戻りを防止

「後戻り」とは

矯正治療を受けてきれいな歯並びになったとしても、元に戻ってしまう場合があります。これを「後戻り」といいます。
原因として、以下のようなことが挙げられます。

  • 歯根周囲の骨が十分に安定しないまま矯正治療を終えてしまった。
  • 歯の並びはきれいになったが、咬み合わせが悪かった。
  • 咀嚼の癖、舌の癖。

歯は、常に動こうとしています。ずっと歯並びのよいという人は、それぞれの歯がお互いを押し合いながらも、お互いが同じ強さでバランスよく押しているために動いていないように見えるのです。それでも、咬み合わせが悪ければ力のバランスが崩れ、後戻りしてしまうことがあります。

後戻りを防ぐために

後戻りをできるだけ小さくするために、当院では3つの取り組みに力を入れています。

1. 咬み合わせを大切にした矯正

矯正治療においてはもちろん、すべての治療において、「咬み合わせ」を大切にしております。たとえば上の歯だけ見て美しく並んでいても、それが下の歯とうまく咬み合わなければ、本当の意味で矯正治療が成功したとはいえません。後々、後戻りを引き起こすことになります。
多くの患者さまにとってまず気になるのは「見た目」の問題ですが、当院では、「後戻りの予防」そして「噛む機能」という面にも考慮して、咬み合わせの改善にも力を入れています。

2. 十分な保定期間を確保する

リテーナーを使用して矯正した歯を固定する「保定期間」は、顎の骨を正しい形で安定させるための期間です。たとえ見た目が目標とする形になっていても、油断は禁物です。プロの目でしっかりと診断を下し、保定期間を十分に確保することで後戻りを予防します。

3. インビザライン用のリテーナー(保定装置)を効果的に使用する

インビザラインを作製したときのデータを元に、患者さまに最適なリテーナーをつくることができます。3次元のデータが欠かせないインビザラインだからこそできることです。後戻り防止に効果的なリテーナーをつくり、保定期間に使用していただきます。